Mac mini Late 2012 に Windows 8 クリーンインストール

先日の VirtualBox 4.2.6 の Windows XP をアップグレードしようとしたのですが、
そのままだと無条件に32bit版がインストールされるようです。
(そのあと64bit版にすることはできるようですが…)
この際なので Windows 8 64bit版をクリーンインストールすることにしました。

とは言うものの夜中に新規にOSを買いに行くわけにも行かず、金銭的にも勿体無い…
いろいろ調べたところ Windows 8 Release Preview を実行していれば
問題なくインストールできることが明記されていました!!
お得にアップグレードしましょう システム要件 を参照

VirtualBox 4.2.6 の設定はこんな感じです。

MEM:4096MB ビデオメモリー:128MB(MAX) HDD:100GB

Windows 8 Pro クリーンインストール手順は以下のようになります。
Windwos 8 Pro アップグレード版をダウンロード購入(3300円)
(プロダクトIDはしっかり管理しておきましょう)
そのままインストールを進めて終了。

この状態ではライセンス認証は通っていません。
『Windows ライセンス認証 プロダクトID:使用不可』
『Wondows 8 Pro Build 9200』と表示されています。

次にもぅ一度インストール(設定等を引き継がないクリーンインストール)します。
同じように進めて終了します。

これでライセンス認証されてめでたく正規版として動作します。

Windows エクスペリエンスインデックスを計測してみました。

CPU、MEM、HDDに関しては普通に十分使える数値ですが、
さすがにグラフィック周りはきびしいです。
(VirtualBox のグラフィックアクセラレーションはオフです)
でもゲーム、CAD、動画等を扱わない限りは十分使えますね!!
Youtube等は余裕で見られます(^^

Comments are closed.