オーディオテクニカ アートモニターヘッドホン ATH-A1000X


以前から欲しいナって考えてたヘッドホンをやっとこさ買いましたヽ(^o^)丿
オーディオテクニカ アートモニターヘッドホン ATH-A1000X
この2,3週間は梅田のyodobashiマルチメディア梅田店へ行って色んなヘッドホンを試聴しました。
音は勿論、装着感も大事な要素なので試聴(試着?)は必須ですね。
今回は実売価格3万円前後でオーバーヘッドタイプのもので試聴して気になったヘッドホンは以下の5点でした。
家のなかでの使用を考えてたんで密閉型は音がこもりそうなんでオープンかセミオープン、
長時間つかっても頭や耳が痛くならない、あまり味付けが激しくないものを考えていました。

メーカー 型番 実売価格
audio-technica ATH-A1000X 32,000円
beyerdynamic DT880 E/32S 32,000円
YAMAHA HPH-200 13,000円
SHURE SRH940 24,000円
AKG K242HD 29,000円

価格は2011年12月現在のAmazonでのおおまかな価格です。
それぞれの印象は続きに…

AKG K242HD

正直思っていたほどの音は出てないような気がしました。
奥にこもったようで広がりがないとか言うかそのまえの問題のような…
ひょっとしたら試聴した物がちょいとイカレかけてたんかも知れません。

SRH940

なかなかええ感じの音でデモでかかってたヴォーカルはええ雰囲気でしたし、
持っていた音源で聞いても隅々まで音が聞こえてよかったしお値段も安かったんやけど、側圧がきつい!!
普段メガネをかけてると側圧が強いとメガネの当ってる部分が痛くなるんでこれはダメでした。

HPH-200

これは良かったです!全体的にまとまってナチュラルな音やし変なこもりもないしお値段お手ごろでよかった!
耳を包み込むタイプと違うからちょっとメガネをかけてると長時間は辛いかもやけど我慢できそうな側圧でした。
けどちょっと年寄りの耳にはもの足らんかなぁって思てしまいましたよ、やっぱり若い耳とは違うからねぇ(^_^;)

DT880 E/32S

最後まで悩んだのがこいつです!音の抜けもええし繊細で自然な音やしフィット感もばっちし!
途中まではどっちにしようかと悩みまくりました!!文句のつけようがなかったです。

ATH-A1000X

結局決めたのはコレ!実は試聴した実機は他の機種とは違いヘッドホンアンプに繋がってたんで
公平な比較になってないかもわかりません。
最初はオープンタイプの ATH-AD900 を試聴いてたんやけどコレがすごいドンシャリで
特にピアノの高音なんかが耳に突き刺さるかんじで、ちょっと聴くのにしんどかったです。
で隣にある密閉型の ATH-A1000X を聴いてみたらこれがこもった感じは全くせずに
音の細かいニュアンスまで聞えてきたんでびっくり!!
ドンシャリ感もないしフィット感は抜群!!もぅこれしかないでしょてな感じで決めてしまいました。

家では夜中に聞くのでスピーカはほとんど使えません、
なのでヘッドホンはちょっとマシなのが欲しかったので念願かないましたヽ(^o^)丿
音源は CD や LP を flac 形式でリッピングして保存(携帯用にストリーミングサーバにMP3でも別に保存)
USB DAC にヘッドホン(スピーカ)をつないで聴いてます。
これで毎晩気兼ねなく音楽を聴けますね(^_-)-☆

Comments are closed.